中古の団地が実は子育てしやすい5つの理由|築年数だけ我慢できれば魅力的な選択に!

団地に住みたいと思いますか?と聞かれたら、あなたならどう答えますか?

きっと多くの方は、「住みたくない」と答えるはず。

少なくとも躊躇はしますよね。

団地に住む僕としては、そういう声が悲しいわけです。

ネガティブなイメージを持たれがちの団地ですが、団地の生活って結構いいですよ。

特に子育て世帯に団地はおすすめです。

実は団地ってかなり子育てしやすいんです。

今回は実際に団地で子育て中の僕が、団地が子育て世帯に向いている理由を5つお伝えします。

団地が子育てに向いている5つの理由

中古の団地は格安で買える

子育て世帯は何かとお金がかかるものです。

若いパパママだとまだまだ少ない収入から子育て費用を捻出しなければならないので本当に大変です。

最近は幼稚園や保育園が無償化されたものの、だからこそ子供が小さいうちにお金を貯めておきたいという気持ちもありますよね。

築年数が経っていることさえ我慢できるのなら、団地は格安で購入することができます。

2LDKや3LDKの子育てに適した間取りだと、都内でも1,000万円以下で買うことができます。

中古の団地はお金に苦労する子育て世帯にとっていい選択になりますよ。

我が家が購入した団地は、月々のローン返済額は25,000円以下です。

共益費を入れても居住費は月40,000円かかっていません。

都内で1ルームマンションを借りるよりも安い金額で住めるのですから、我が家のような子育て世帯には本当に助かります。

洗濯物がよく乾く

子供って本当に洗濯物をたくさん出してくれます。

子供が小さいうちはよく汗をかくので、夏場は何度も着替えさせなくてはいけません。

成長して自分でいろいろ出来るようになると、ご飯を食べては服を汚したり、お茶をこぼして水浸しにしたり…

また、外に行けば平気で泥や砂に近づいて服を汚したりもします。

こんな状況で洗濯物が乾かなかったりすると、「もう着る服無いんだからね!」と声を荒げてしまうこともしばしばです。

でも団地だと洗濯物は早く乾くんですよ!

ポイントは、多くの団地のベランダが南向きであることです。

しかも団地はベランダ側に日当たりを考えた緑地スペースをとっていることが多く、日当たりに関しては最高水準です。

団地周りは低層区域になっていることも多く、高層の建物が建ちにくいです。

洗濯物が乾きやすい環境は今後も安泰ですね!

敷地内に公園がある

団地は広い敷地を有しているので、団地内に公園がいくつもあります。

これは子持ちの親にとって本当にありがたい!

よちよち歩きの時期に歩く練習をするのも、ちょっとボール遊びするのも、公園が近くにあると子供を連れて行くのが億劫おっくうにならずに済みます。

しかも子育て世代が少なくなった団地では、公園で遊んでいる子供が少ないので、結構な時間帯で公園を独占できます。

今日は団地内の公園で親子だけで遊んで、明日は子供がたくさんいる公園に行こう!」なんて使い分けも出来ちゃいますよ。

スポンサーリンク

幼稚園や小学校が近い

今では新規で学校が建つことはほとんどありませんが、団地の建設ラッシュがあった1970年代や1980年代は行政が学校をどんどん建てていた時期と重なります。

団地が建てられた当時は、団地に子供がいる世帯が多かったので、必然的に団地の近くに学校が建てられたんですね。

今でも団地の近くに幼稚園や小学校があることが多んです。

特に子供が低学年のうちは、小学校が近くにあるのは親からすると安心感が違います

小学校が近ければ、当然その分登下校中の事故や事件に巻き込まれる可能性も減りますからね!

もちろん幼稚園が近くにあるのも魅力的です。

送り迎えがしやすいのは親からするとうれしいものです。

我が家が済む団地の近くにも幼稚園と小学校があって非常に助かっています。

高齢者が多くてかわいがってもらえる

団地の高齢化は深刻な問題ですが、子育てをする環境としては悪くありません。

そもそも団地は、建った当初は中産階級の憧れの住居でした。

そのため、団地を購入して今も住んでいる年配の方って身元がしっかりしているというか、社会的にも立派な方が多い印象です。

孫がいる方も多いため、子育て世代にとても寛容なんですね。

団地内に子供が少ないことも相まって、声をかけてもらうことも多いですし、気にかけてもらうことも多いです。

近所の方にかまってもらえるのって子供の教育にも良さそうですよね!

我が家が住む団地のご年配の方々は、小さい子供にが大好きです。

外出するたび、誰かだれかに声をかけてもらえます。

スポンサーリンク

団地で子育てしにくい部分3つ

団地が子育てしやすいのは確かですが、一方で子育てしにくい部分があるのも確かです。

避けることも出来ますが、そうすると条件に合う団地がなかなか出てこなかったりしますので、どこまで妥協できるかがポイントになります。

エレベーターがない物件が多い

団地で多いのが5階建て。5階建てまではエレベーターの設置が義務付けられていないため、エレベーターが付いていない団地が多いんです。

子育て中の親にとって、エレベーターがないのは結構きついものです。

団地でもエレベーターが付いている物件はあるので、購入するならエレベーター付きの団地をおすすめします。

僕が住む団地はエレベーターが付いていなくて、子供と荷物を家まで運ぶのが大変です。

駅から遠い物件が多い

決してすべての団地が駅から遠いわけではありませんが、駅から離れている団地も多いです。

駅から離れている団地はその分値段も安くなっていますので一長一短な部分はありますが。

駅が離れていると、子供を連れての電車移動は本当に面倒くさくなります。

自治活動への参加が面倒

団地に限ったことではありませんが、団地にも自治会等の自治活動があります。

自治会などは子育て世代に限らず面倒なものですが、団地によっては昔から自治活動に積極的なところも多くあります。

定年退職した方が多いので、時間と体力に余裕のある年配の方が自治会も引っ張っていってくれますが、団地特有の会合があったりします。

ただ、子育て中は自治活動も配慮してくれますので、それほど気にする必要はないのかもしれません。

僕が住む団地は夏にお祭りがあって、その際は若い人が貴重な戦力になりますので参加を促されます。

スポンサーリンク

子育て期間に団地に住むのは悪くない選択

子育て世帯にとって築年数さえ気にならなければ、中古団地の購入は悪くない選択です。

  • 購入価格が安いので給料が引く若い世代も買いやすい
  • ベランダが南向きで洗濯物がよく乾く
  • 敷地内に公園があって子供と遊びやすい
  • 幼稚園や小学校が近くにあるので通園・通学が楽・安心
  • 年配の方が多く、孫のように子供をかわいがってくれる

子育て世帯が団地を購入するメリットをまとめると上のようになります。

団地で子育て、結構おすすめですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
団地のこと
団地びとのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました