最強カメムシ対策?洗濯物をカメムシから守るお手軽・効果抜群なハッカ油の使い方

暖かくなる春の終わりからちょいちょい顔を出し始め、秋口に急増するカメムシ。

ふと窓をみると網戸に留まっていたり、許可なく家に侵入していたり、本当に迷惑な存在です。

特に悩ましいのが、洗濯物にくっ付いたカメムシ

知らず知らずカメムシを家にあげてしまい、洗濯物を畳むときにビビるやつです。

この記事にたどり着いた方は、洗濯物に付いたカメムシを家に連れ込んだ経験者かと思います。

今回は洗濯物に焦点を当てて、ハッカ油を使った高い効果が期待できる我が家のカメムシ対策を紹介します!

市販の忌避剤では効果が薄かった

うちの妻は大の虫嫌いで、カメムシが出たらその処理は僕の仕事になります。

僕が家にいる夜はいいのですが、問題は昼間の洗濯物。

太陽を浴びて暖かくなった洗濯物はカメムシにとって格好のくつろき空間です。

妻は色々と対策をしてきましたが、なかなか効果は表れませんでした。

カメムシ用の忌避剤はたくさん販売されていますが、効果はイマイチなんですよね。

カメムシ用の忌避剤はにおいが弱いです。

多くのカメムシは鼻が詰まっているようなもので、市販の忌避剤は鼻がとおっている数少ないカメムシにしか効果がないイメージです。

ハッカ油を使ったカメムシ対策

手間がかかって面倒そうだと思い避けていたのがハッカ油です。

ハッカ油は、設置しておけばいい市販の忌避剤と違って、毎日の作業が必要になりますから。

しかしハッカ油は今まで使ってこなかったことを後悔するほど効果絶大でした。

カメムシが全くと言っていいほど洗濯物に付かなくなったんですから妻は大喜びです!

我が家は原液のハッカ油スプレーを使用中

我が家では、カメムシ対策に原液のハッカ油スプレーを使っています。

原液のハッカ油はとにかくにおいが強烈です。

ネット上では原液を薄めたハッカ油スプレーの作り方が紹介されていますが、忌避効果は原液の方が各段に高いです。

また、薄めたハッカ油スプレーだと効果は1~2時間ですが、原液だと倍以上の時間においが残っています。

ハッカのにおいのするタオルで洗濯物をはさむだけ

我が家では、ハッカ油スプレーを1~2プッシュした専用タオルを、洗濯物をはさむように物干しざおの両サイドに吊るしています。

スプレーは洗濯物の干し始めの時と、取り込む30分~1時間前の2回しています。

カメムシが付いた洗濯物を取り込むのを避けるだけなら、洗濯物を取り込む30分~1時間前にプッシュするだけでもいいかもしれません。

妻が本当にカメムシが嫌いなので2回ですが、僕は取り込む前の1回で十分だと思っています。

カメムシが多くなる夏の終わり頃からは、洗濯物の真ん中にもハッカ油をプッシュしたタオルを吊るして追い打ちをかけています。

ハッカ油のにおいは残らないから洗濯物にかかってもOK

極力、洗濯物にはかからないようにハッカ油をプッシュしていますが、仮に洗濯物にかかっても大丈夫です。

ハッカ油のにおいは長くは続きません。

また、ハッカ油は天然由来なので、害になる成分が洗濯物に残ることもないので安心です。

子どものいる家庭でもハッカ油は安心して使えますね!

特に我が家は食品添加物に指定されている純国産のハッカ油を使っています。

少し高いとも思いますが、食事にも使える製品だと思うと、やっぱり安心感が違います!

ただしハッカ油の原液は刺激が強いので、肌に付着しないように吹きかけてください。

ハッカ油にカメムシ忌避効果があるのはミントのにおいが苦手だから

ハッカ油がカメムシ対策になるのは、カメムシはハーブ系のにおいが苦手だからです。

強いにおいのする場所を避ける習性があるんです。

ということは、カメムシ対策としてミントを植えるのもアリなんですよね。

ミントは非常に育てやすい植物なので、ベランダでカメムシ対策をするのに向いています。

虫自体が苦手な方はハッカ油がベストな選択になる

しかし問題はミントに寄り付く虫がいることです。

うちの妻はミントに寄ってくる虫に恐怖するはずですから。

うちの妻のように虫が苦手な人には、植物を育てなくて済むハッカ油が最良の選択肢になるんですね。

ハッカ油はカメムシ以外にも効果あり!

ハッカ油の良いところはカメムシ以外の虫にも効果があることです。

例えばゴキブリや蚊、蜂などを寄せ付けない効果もあります。

ハッカ油、万能すぎますね!

我が家では、ハッカ油はなくてはならない必需品です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
団地のこと
団地びとのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました