オールシーズン使えるネッククーラー・ヒーター|首掛け扇風機よりも効果的で自転車通勤におすすめ!

夏の必需品としてもはや誰もが一度は使ったことのあるネッククーラー。

僕も今まで水に濡らして首に巻くタイプや首掛け扇風機を使っていました。

しかし今年妻が買ったペルチェ式のネッククーラーがあまりにも良かったんです。

自転車通勤の僕は、思わず自分用にも1台買ってしまいました。

僕ら自転車通勤者にとっては、もはやペルチェ式のネッククーラーは必需品と言っても過言ではないです!

「貸してあげるから使ってみたら?」という妻の提案で使い始めたペルチェ式のネッククーラー。

正直なところ、よくわからない中国のメーカー製だったので期待はしていませんでしたが、使い慣れると想像以上に体温を下げる効果があるのには驚きました!

冷却も発熱も出来るからオールシーズン使える

購入したネッククーラーはクール機能とホット機能を兼ね備えたオールシーズン使えるものです。

まだ冬に使っていないので、冬場のホット機能の効果は体験していませんが、夏場のクール機能はかなり使えます。

ペルチェ素子による冷暖機能なので駆動音も小さく、振動がほとんどないのがいいですね!

ペルチェ素子とは、ペルチェ効果を用いた半導体熱電素子の一種です。

小さい冷蔵庫やCPUの冷却装置など、実は身近でよく使われているんです。

電流の向きを変えると冷却も発熱もできます。

この性質を使って、ネッククーラーだけでなくネックウォーマーとしての機能も備えているわけですね!

首掛け扇風機よりも効果あり!

ペルチェ式のネッククーラーは首掛け扇風機よりも体を冷やすという点で優れています。

扇風機は風が当たる分、涼しいとは感じますが、体温が下がるかと言われれば微妙です。

真夏だと生暖かい風が当たるのも、首掛け扇風機が個人的にマッチしない理由です。

特に僕は自転車通勤でネッククーラーを使っているので、ネッククーラーがなくても風は感じられるんですよね。

冷えた缶ジュースを首元に当てている感覚

ネッククーラーとして使っている感想としては「冷えた缶ジュースを首元に当てている感覚」に似ています。

電源を入れたら本当にすぐに冷え始めるので、ヒンヤリしたアルミプレートが気持ちいいです。

すぐに冷たい爽快感は感じなくなる

しかし缶ジュースを当て続けるのと一緒で、「冷たい!」という感覚はすぐになくなります

冷たさに慣れてしまうんですね。

正直涼しさは全く感じません。

でもネッククーラーを外すと、アルミプレートの当たっていた部位はかなり冷たくなっているんです。

目的は体全体を巡る血液を冷やすこと

涼しさは感じないのですが、体は確実に冷えています

というのも、体を巡る血液を冷やすことで体温を下げているんですね。

皮膚の薄い首を冷やすのは、血液を冷やすのに適しているわけです。

因みに、肩の方ではなく、首の上の方に当てたほうが効果が高かったですよ!

実際、涼しさは感じないにも関わらず、通勤時の汗の量が極端に減りました

自転車通勤の僕は職場に着くと汗だくでしたが、ネッククーラーをつけてから軽く湿るくらいになりました。

汗っかきの僕にとって、これだけ汗をかく量が変わるのかと驚きました。

クーラーもヒーターも3段階で強弱の調節可能

今回買った謎の中国製ネッククーラー・ヒーターはそれぞれ3段階の温度調節ができます

2600mAhのバッテリー内蔵なので、最低でも2時間は使い続けることができる設計のようです。

充電の残量がデジタル表示されるのが結構便利で、個人的に気に入っています。

温度稼働時間
クーラーモード
C1(弱)25~27℃約2.3時間
C2(中)20~22℃約2.1時間
C3(強)15~17℃約2時間
ヒーターモード
H1(弱)37~39℃約6時間
H2(中)40~42℃約3.5時間
H3(強)43~45℃約2.5時間

カラーバリエーションは黒・白・ピンクがあるようです。

デザインも悪くないので日常的に使いやすいですね!

正直、サンコーのネッククーラーよりオシャレで個人的に好きです。

駆動音は小さいなりにある

静音が売りのペルチェ式のネッククーラーとはいえ、耳元で使うので駆動音はそれなりに聞こえます。

特に強モードにあたるC3やH3だと駆動音は結構大きいです。

とはいっても、外で使う分には許容範囲かなとは思っています。

首掛け扇風機に比べれば音は圧倒的に小さいです。

一方で、弱モードにあたるC1やH1は本当に静かです。

自転車通勤の時は強モードのC3にしています。

自転車に乗っている時に使う分にはC3の駆動音もそんなに気にならないです。

残念に思う3つの点

通勤の必需品になっている謎の中国製ネッククーラーですが、残念だなと思うところもあります。

使用中はLEDが七色に光る

ネッククーラーの使用中、LEDライトが七色に輝くというどうでもいい機能が付いています

いや、光ってこそ中国製と言えなくもないかも。

LEDライトは消すこともできますが、デフォルトで点く設定なので毎回消すのが面倒です。

因みに、COLDボタンを長押しすれば消えます。

15分ごとに部位を変える必要がある

一か所に当てていられるのは15分までです。

15分以上同じ部位にアルミプレートを当てていると低温火傷をする恐れがあります。

いちいち当てる部位を変えるのが面倒なんですよね。

とはいえ、これはアルミプレートを直接肌に当てるタイプのネッククーラーだと、どれも同じ問題を抱えているわけですが。

実際ヒーターモードH1(弱)を15分使ったところ軽く火傷したようで、日焼けのようなヒリヒリ感があります。

2日程でヒリヒリ感もなくなりましたが、ヒーターモードは一枚布をはさむなど、ちょっと気を付けたほうがいいかもしれません

僕の場合、クーラーモードはC3(強)を15分使っても問題は起こってないんですけどね。

人によっては首が苦しいかも

一番の問題点は首回りのサイズ調整ができないことです。

実際僕もネッククーラーを着けると苦しさはありませんが、若干の圧迫感を感じます

アルミプレートで首をはさむだけで固定しているので、デザイン的に若干の圧迫感は仕方がないかなと。

よく言えば、この程度の圧迫感で、外れてしまうような不安感を全く感じさせないのはすごいとも思います。

物自体は柔らかいシリコンで覆われていますし、ネック部分はかなり広がるので、よほど首の太い人でなければ苦しいとは感じないかもしれません。

頭痛持ちの僕には夏でもヒーターモードが有難い

頭痛持ちの僕は、頭が痛くなるときは大体首が冷え切っているんです。

ネッククーラー・ヒーターがあると、手軽に首を温められるのが丁度いいです。

首筋を温めて血流をよくしてあげると頭痛も和らぐので、僕にとってヒーターモードは夏場でも結構有難い機能になっています。

ただし、火傷しがちなので、長くても10分以内でやめるようにしています。

色々な会社が同じ製品を販売している

名もなき謎の中国製ネッククーラー・ヒーターですが、同じデザインで色々なメーカーから販売されているんです。

デザインも説明も同じなので、製品はどれも一緒っぽいです。

外箱や説明書が日本語か、または英語・中国語かの違いしかなさそうです。

使い方はシンプルなので説明書が無くても大丈夫です。

どうせ買うなら値段が安いところで買いたいですね!

今年はこれで暑い夏を乗りきしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活家電
団地びとのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました